ジョロウグモのお姉様が、朝の網張りをしておられました。
相変わらずの繊細で丁寧な作業に惚れ惚れします…!

今朝はちょっとおもしろいものが見られました。
どうやら、網の半分だけ糸を張り直しているみたい?(3・4枚目に簡単な説明を入れています)

向かって左半分だけを新たに張り直しているようです。

造網性の蜘蛛は、種によっては足場糸を切りながら横糸を張るそうですが、
ジョロウグモは足場糸を残しつつ、その間にさらに細かく横糸を張っていくというスタイルなので、あの五線譜のような、規則的で美しい網が出来上がるのですね。
蜘蛛、芸術点がたかすぎる生き物だ…。