霜柱をサクサクサクサク踏みまくりました。
あとはひたすら野鳥のみんな達を見ていた気がします。

あんまりヒトを警戒していないシジュウカラとヤマガラ。
そして「最近見かけないな〜?」と思っていたら、単にタイミングの問題だったのか、普通にいたハクセキレイ。
でもいつもは2羽で歩いてたのに、今日は1羽だったからちょっと心配だな…。

数メートル先の木の枝でウロチョロしていたヤマガラちゃん。
この子たちは(公園なので慣れている可能性もあるけど)あんまりヒトを怖がらない気がします。

シジュウカラ・メジロ・ヤマガラあたりの野鳥は、数メートル以内まで近づいても、こちらがジッとしてると結構逃げない…。
「なんやニンゲン!おったんか!」
みたいな顔でちょっと距離を取ったりするのが面白いです。

チョロそうに見えて意外と近づくの難しいのが、カワラヒワのみんな達。
めちゃくちゃ統率が取れているので、一羽が飛び立つと、こちらを視認する前に群ごと移動していく…。

遠目にはスズメの群れっぽくも見えますが、模様とか色とかが明らかにちがうのがよく分かりますね。